季節や歴史の話題を中心に気になることをご紹介しています。ぜひ、読んでくださいね。

日本三大銘菓(和菓子)とは越乃雪と長生殿と山川の3落雁

はじめに

日本三大銘菓(和菓子)についてご案内します。

日本三大銘菓(和菓子)は公式な見解ではないものの、一般的には次の3つの和菓子が日本三大銘菓(和菓子)とされています。

その3つの和菓子とは

大和屋の越乃雪(新潟県長岡市)

森八の長生殿(石川県金沢市)

風流堂の山川(島根県松江市)

なお、日本三大銘菓(和菓子)に類似する「日本三大」については日本三大菓子処があります。

日本三大菓子処というのは老舗の和菓子屋が数多く存在する都市で、日本三大菓子処は一般的に金沢市、京都市、松江市と言われています。

この記事では日本三大菓子処ではなく、日本三大銘菓(和菓子)のそれぞれを簡単にご紹介をしていきます。

スポンサードリンク


日本三大銘菓(和菓子)とは

日本三大銘菓(和菓子)の定義ははっきりとしません。

日本三大銘菓(和菓子)は、日本三大銘菓と言われることもあれば、日本三大和菓子と紹介されることもあります。

日本三大銘菓と日本三大和菓子はどうやら同じ意味をもつようです。

日本三大和菓子の名称から、日本三大和菓子に入ってくるのは和菓子ということがわかります。

しかし、日本三大銘菓は少しわかりづらいのではないでしょうか。

日本三大銘菓の「銘」には、特にすぐれた物につけられる特定の名称という意味があるようです。

日本三大銘菓の「菓」はもちろん菓子を意味しています。

ということは銘菓は特に優れたもので、特定の固有名詞をつけられた菓子という意味合いがあるようです。

お菓子そのものを考えると、お菓子には和菓子も洋菓子もあります。さらにお菓子には歴史あるお菓子もあれば、最近創られた新しいお菓子も存在します。

これについては、日本三大銘菓(和菓子)に取り上げられた3つの菓子の特徴から、日本三大銘菓(和菓子)の定義を考えてみたいと思います。

そうすると、日本三大銘菓(和菓子)の定義は、特定の固有名詞をつけられた歴史ある和菓子ということになりそうです。

日本三大銘菓(和菓子)について、明確な定義が示されているものは見当たりません。したがって、この解釈が正しいか間違っているのかはわかりません。

でも、それでは記事を書き進めることができないので、ここでは前述のとおり「特定の固有名詞をつけられた歴史ある和菓子」を日本三大銘菓(和菓子)として考えていきたいと思います。

日本三大銘菓(和菓子)1 大和屋の越乃雪(新潟県長岡市)

大和屋の越乃雪ができたのは江戸時代の1778年。

長岡藩の藩主が病に伏せった時、大和屋が新たに菓子を作り藩主に献上したことに始まります。

その藩主の病気が治り、藩主からその和菓子の名前を下賜されて名づけられたのが「越乃雪」です。

越乃雪はもち米を細かく砕き、和三盆糖と合わせて押しものにしたものです。

もち米はもちろん新潟県産。そして和三盆糖は四国産のものを使っています。

越乃雪の特色は、四角いこと。

なお、大和屋の越乃雪は和菓子の分類でいえば落雁(らくがん)になります。

スポンサードリンク


日本三大銘菓(和菓子)2 森八の長生殿(石川県金沢市)

金沢は加賀100万石前田氏の城下町。

大藩であるがゆえに幕府からにらまれることが多かった前田氏は、幕府の監視を緩めるために金沢を文化の街として発展させることに務めました。

たとえば、お茶の世界に欠かせないのが和菓子。

そのため金沢では和菓子が独自の発展を遂げ、今でも金沢は日本三大菓子処の一つにあげられています。

さて、森八の長生殿です。

長生殿の歴史は古く、江戸時代初期、加賀藩第3代前田利常より命じられて作ったのが始まりです。

また、長生殿という名前は当時茶道や作庭家として有名な小堀遠州によりつけられています。

長生殿は北陸産のもち米の粉と四国産の和三盆糖を混ぜて、木型で押し固めたもの。

長生殿の特色はさまざまな紋様があることで、季節に合わせた和菓子を楽しむことができます。

なお、森八の長生殿は和菓子の分類でいえば落雁になります。

日本三大銘菓(和菓子)3 風流堂の山川(島根県松江市)

松江市は、日本三大菓子処の一つにあげられています。

その起源は、江戸時代後期の松江藩主である松平治郷の時代に遡ることができます。

松平治郷は困窮していた松江藩の財政を立て直すとともに、不昧(ふまい)の号を持つ茶人としても知られていました。

お茶に和菓子はつきもの。そのため松江藩では和菓子の製造が盛んになりましたが山川もその一つとされています。

しかし、山川はいつしかなくなってしまいます。

その山川を復刻させたのが、大正時代の風流堂の第2代当主です。

山川はもち米の粉と和三盆糖を混ぜて、木型で押し固めたもの。

山川の特色は、赤と白が対になっていること。

赤は山の紅葉、白は川を表していると言われています。

なお、森八の長生殿は和菓子の分類でいえば落雁になります。

まとめ


 

 

 

 

 

 

 

この記事では日本三大銘菓(和菓子)について、それぞれの特徴を簡単にご紹介してきました。

日本三大銘菓(和菓子)は、歴史のある和菓子で、当時の藩主などに銘をつけられたもの。

また、原材料にもち米と和三盆糖が使われた落雁であるというのも特徴的です。

現在は和菓子、洋菓子とも種類が多く、むしろ落雁は目立たない存在になっています。

しかし、落雁は食べてみるとやはりおいしい。

落雁は上品な味わいがあり、特に抹茶などとは抜群に相性がよい和菓子です。

これからも日本三大銘菓(和菓子)が廃れず、さらに流行っていくと良いですね。


スポンサードリンク

関連記事