季節や歴史の話題を中心に気になることをご紹介しています。ぜひ、読んでくださいね。

寿桂尼は女戦国大名と言われた今川義元の母!

寿桂尼は女戦国大名と言われた今川義元の母

この記事では寿桂尼(じゅけいに)についてご案内をしていきます。

寿桂尼(じゅけいに)はそれほどの知名度はない人物かもしれません。寿桂尼のことをごく簡単に言い表すとしたら、戦国時代の今川家を4代にわたって支え続けた女性。

そのため寿桂尼は女戦国大名と讃えられてもいます。

では、寿桂尼についてわかりやすくご案内をさせていただきます。

スポンサードリンク


女戦国大名と言われた寿桂尼(じゅけいに)の生涯とは

寿桂尼(じゅけいに)の生年は不明です。亡くなったのは1568年。享年は明らかではないものの、恐らく70歳台か80歳台。当時としては長命だったようです。

寿桂尼は名前も明らかではありません。出自は公家の中御門家。

寿桂尼というのは夫である今川氏親が亡くなり、さらに寿桂尼が生んだ3人の男子のうち2人が亡くなり、出家した後の名前になります。

出家する前の寿桂尼がどのような名前だったのかもはっきりとはしません。

寿桂尼が世の中に知られるようになるのは今川氏親の正室になってからのこと。もっとも今川氏親に嫁いだ年でさえも1505年説と1508年説があるようです。

寿桂尼は今川氏親との間に3人の男子を設けます。それが長男の氏輝、次男の彦五郎、そして五男の義元です。

夫の今川氏親は駿河国の守護大名。ただ時代は戦国時代。今川氏親は守護大名から戦国大名に転身できた有能な武将であったようです。

しかし今川氏親は1526年8月に病没します。また亡くなる前の数年間は病床にあったという説もあるようです。

今川家が制定した国法である今川仮名目録は1526年4月に制定されていますが、果たして患っていた今川氏親にそのようなことができたのか。

そんな疑問から寿桂尼が今川仮名目録制定に深く関わっていたのではないかとも考えられています。

このあたりの真偽については定かではないものの、寿桂尼が女戦国大名と言われるスタートの出来事であった。

そうした可能性も否定はできないかもしれません。

今川氏親が亡くなった後、今川家は嫡男の今川氏輝が相続をします。ただ今川氏輝が相続したときの年齢は僅か14歳。

当時は今よりも成人になるのが早かったとはいえ14歳の少年に駿河国を束ねる力はありません。

そのため、今川氏輝が今川家を継いでからの約2年は寿桂尼が国務を執り行ったと考えられています。

また、このころから寿桂尼は女戦国大名と称されるようになった。そのような意見が一般的なようです。

1526年に今川家の当主となった今川氏輝ですが1536年に亡くなります。また、その直前に今川氏輝の弟の彦五郎も亡くなっています。

寿桂尼の立場からしたら自らが生んだ3人の男子のうち、ごく短期間に2人を失ったことになります。そのためか寿桂尼はここで出家をし、実際に寿桂尼を名乗るようになります。

寿桂尼となって行ったのは、自らの3人目の男子で、今川家の五男であった義元の擁立。当時の今川義元は僧籍にありましたが寿桂尼は還俗させて今川家の後継者にすることを考えます。

もっとも今川家の後継者候補としては今川義元の兄もいます。この兄が今川氏親と側室の間に生まれた玄広恵探で、この人物も今川家の後継者になろうとします。

スポンサードリンク



そこで起こったのが花倉の乱(はなくらのらん)。

1536年、花倉の乱に勝利した今川義元は今川家を相続します。ただこのときの今川義元は17歳で、しかも僧籍にあって軍事を学んだこともなければ経験したこともありません。

今川義元に一軍を統べる力がないということは明らかで、寿桂尼などがこの戦いにも関与していた可能性があります。

今川義元の治世下での寿桂尼の役割は定かではありません。もっとも戦国大名としての今川家は今川義元の時代に最盛期を迎えます。

当時の今川家は海がある南以外は、北・東・西に敵を抱えていました。今川義元は三方の敵に囲まれていたわけですが国をよく保ち、最終的に北の武田家、東の北条家とは三国同盟を締結。

直面する敵は西にある尾張の織田家だけとなり、そのような政治力などから今川義元は海道一の弓取りと言われるようにもなります。

この時期、寿桂尼の役割は定かではないものの、どのような活動をしていたのかは興味深いところです

さて、寿桂尼が表舞台に改めて登場する機会が発生します。

それが1560年の桶狭間の戦いで、この戦いにより今川義元自身が討死を遂げてしまいます。

今川義元の後継者は今川氏真。今川氏真はこのとき22歳の頃。

当時としては立派な成人ですが、今川氏真は周囲から「うつけ」と言われるほどで、駿河一国を統治する能力には疑問が持たれていました。

そのため既に老境に差し掛かっていた寿桂尼が表舞台に復帰せざるを得なくなります。

今川義元が亡き後の駿河国に食指を伸ばしていたのは武田信玄です。しかし、武田信玄はすぐに駿河国に侵攻することはありませんでした。

それは、武田信玄とその正室である三条の方の輿入れに尽力をしたのが寿桂尼であった。

そのような背景もあるようですが、桶狭間の戦い以降、今川家の地位は徐々に衰退していったものの、それでも戦国大名でありつ続けられたのは女戦国大名と言われた寿桂尼の力が大きかった。

このことについて異論をはさむ人は少ないようです。

その寿桂尼は1568年に亡くなります。

寿桂尼が亡くなる前から武田氏との関係は悪化していましたが、寿桂尼の生存中は表向きは安泰でした。

しかし女戦国大名として近隣にカリスマ性を発揮していた寿桂尼が亡くなったことで、今川家と武田家は完全に手切れとなり武田家は駿河国に侵攻を開始。

結果として、今川氏真は一命は助けられたものの、戦国大名としての今川家はここに滅亡をします。

さいごに

今川義元の墓

今川義元の墓



 

 

 

 

 

 

 

 

 

寿桂尼は生年も明らかでなければ、出家前の名前もはっきりとはしていません。

しかし、その事績を見ていくと夫である今川氏親、子である今川氏輝と今川義元、孫である今川氏真と今川家を4代にわたって支え続けた、まさに女戦国大名であったようです。

寿桂尼が活躍できたのは今川家の抱えていた事情もさることながら、寿桂尼のもつカリスマ性が大きく影響したのかもしれません。

戦国時代にあって女戦国大名と讃えられたのはむしろ当然なのかもしれません。

生年も名前もはっきりとはしていない。でも、大きなカリスマ性を持っていた女戦国大名。

もしかしたら歴史作家の創造意欲を掻き立てる。

寿桂尼という女性はそのような存在なのかもしれないですね。


スポンサードリンク

関連記事

アーカイブ