季節や歴史の話題を中心に気になることをご紹介しています。ぜひ、読んでくださいね。

正月事始めは12月13日!煤払いや松迎えの意味とは!

正月事始めは12月13日!煤払いや松迎えの意味とは!

この記事では、正月事始めについてご案内をしていきます。

正月事始めは、正月ことはじめと表記されることがあります。また、正月事始めを省略して、単に事始めまたはことはじめと表記されることもあります。

では、正月事始めの時期はいつになるのでしょうか。

正月事始めは毎年一定の時期、曜日は関係ありません。

正月事始めは、毎年12月13日。

では、正月事始めにはどのような意味があるのか。そして、正月事始めに行う、煤払いや松迎えの意味などについても簡単にご案内をしていきます。

スポンサードリンク


正月事始めの意味とは

事始めではイメージとしては弱いものがありますが、正月事始めと言われれば、正月事始めは正月に何か縁のある行事であることが推測できます。

では、正月事始めはどのような意味があるのでしょうか。

正月事始めは本格的に正月を迎える準備をする。そのスタートの日になります。従って正月事始めは実際の正月より前になければいけない。

それが12月13日という日になるようです。

なお、日本では江戸時代までは旧暦、明治時代以降は新暦が用いられています。しかし、正月事始めについては月日の変更はなく、正月事始めは旧暦では12月13日、新暦でも12月13日。

新暦でいえば12月は31日まで。12月13日から12月31日までの日数は19日。昔も今も正月の準備には時間が必要なようです。

正月事始めの行事とその意味とは

oosouji_dougu
 

 

 

 

 

 

 

 

 

正月事始めは正月の準備をする。そのスタートの日であるとご案内をしました。

では、正月事始めでは具体的に何をするのでしょうか。

正月事始めで行う行事の代表例としては、煤払い(すすはらい)や松迎えなどかあります。

スポンサードリンク


煤払い(すすはらい)の意味とは

煤払いとは簡単に言えば年末の大掃除です。

屋内の天井や壁にたまった煤の掃除をすることから煤払いと言われています。また、屋内と書きましたが、それは居住スペースに限らず、家の中の神棚や仏壇も清めることを意味しています。

日本には年神様という考えがあります。年神様は元旦になると高い山から下りてきて、家に1年の幸せをもたらすというものです。

その年神様をお迎えするために、煤払いをしておくというものです。

そのように考えると、煤払いは単に年末の大掃除というよりも、さらに神聖なもの。煤払いには、年神様を迎えるための神事という意味もあるようです。

なお、年神様は歳神様、歳徳神(としとくじん)と表されることもあるようです。

松迎えの意味とは

松迎えとは、正月の門松を用意するために恵方の山に松を伐りに行く日。そして、正月のお雑煮を作るための薪を取りに行く日という意味があります。

門松については、前述の年神様を迎えるために必要なものと考えられていました。

年神様が家にやってくるとき、まずは目印が必要です。また、松の木は神聖なものと考えられていました。そのため松迎えで松を用意して、煤払いが終った後に門松の用意をする。

これが一般的な正月の準備の順番となっていたようです。

また、正月には餅がつきものです。正月事始めの行事として、この記事では煤払いと松迎えをご案内してきましたが、餅つきも正月事始めの行事の一つとされています。

正月事始めの日以降に餅をつき、正月にお雑煮にして食べる。お雑煮を作るのには火が必要です。 そのため松迎えの時にそのための薪を用意しておく。

これも正月事始めの行事としては重要な意味を持っていました。

さいごに

kadomatsu_gouka
 

 

 

 

 

 

 

 

 

この記事では、12月13日が正月事始めの日であること。

また、正月事始めの行事として煤払いと松迎えの意味などについてご案内をしてきました。

正月事始めについて考えると関西地方ではもう一つの行事があるとされています。

それがお歳暮です。

関東地方の場合、お歳暮を贈る時期は12月初旬からとされています。それに対して関西地方はもう少し遅く12月13日以降。

つまり、正月事始めの日以降にお歳暮を贈るとされています。

特に関東から関西にお歳暮を贈るような場合は、少し注意が必要かもしれないですね。


スポンサードリンク

関連記事

アーカイブ