季節や歴史の話題を中心に気になることをご紹介しています。ぜひ、読んでくださいね。

円高と円安をわかりやすくご案内します!

円高と円安をわかりやすくご案内します

この記事では、円高と円安をわかりやすくご案内します。

ただ、円高と円安の前提にあるのが為替。

そこで、まずは為替についてわかりやすくご案内をしたうえで、円高と円安について話を進めていきたいと思います。

スポンサードリンク


為替(かわせ)とは

たとえば、全世界の通貨が「円」だけだとしたら。あるいは、日本が外国とは一切接触を持たない国だとしたら。

そこに為替が存在することもなければ、円高・円安という言葉も生まれません。

でも、実際の日本は多くの国と経済活動を行っています。そして、世界の各国がそれぞれの通貨を持っています。

日本が世界の各国と経済活動を行った場合、当然のことながら現金のやり取りが生まれるはずです。ただ、遠く離れた場所との取引で、実際に現金のやり取りをするのは困難。

そこで、現金のやり取りをすることなく、それでも取引を成立させる。これが為替の基本的な考え方になります。

ところで、為替の概念そのものは日本でも鎌倉時代からあり、江戸時代には一般化をしています。

現在は交通機関が発達をしているので、国内でどこに行くにしても短時間で移動ができます。

しかし、江戸時代だとどうでしょうか。仮に江戸と大阪で取引が成立したとき、実際にお金を持ち運んだのでしょうか。

当時の江戸と大阪は相当の距離があります。

大金を運ぶのは大きな労力が必要になりますし、道中の危険も伴います。したがって現金ではなく為替手形を発行して、現金の代わりに取引を行うのが一般的でした。

さて、現代は日本と諸外国の取引が日常的に行われています。

日本の通貨は円です。

しかし相手国は円ではなく、その国の通貨になります。

たとえば日本の会社とアメリカの会社が取引をした場合、日本は円、アメリカはドル。通貨の種類が異なりますので、この場合、二国間の基準を設けなければ、取引そのものが成り立たなくなります。

これが為替相場(為替レート)になります。

為替相場は、異なる通貨が交換(売買)される際の交換比率です。

今の事例では、円とドルについて書いていますが、実際にはさまざまな通貨の組み合わせついて、それぞれに相場が存在します。

もっとも、日本で最も頻繁に使われる為替相場は円とドルの相場。そこで円・ドル相場を中心に円高・円安についてわかりやすくご案内をしていきます。

円高・円安とは

2429b37c4a72e50e9d90e2d89920dbe3_s
 

 

 

 

 

 

まず、為替相場は日々変動をしていくものです。そのため円高や円安という言葉が生まれてきます。

では、円高・円安をわかりやすくご案内するために、スタートを1ドル=100円とします。

結論を先に書けば、1ドル=100円であったものが、時間の経過とともに1ドル=90円となった。

これを円高と言います。

逆に1ドル=100円であったものが、時間の経過とともに1ドル=110円となった。

これを円安と言います。

では、1ドル=100円であったものが、1ドル=90円となった場合、どうして円高というのでしょうか。

逆に、1ドル=100円であったものが、1ドル=110円となった場合、どうして円安というのでしょうか。

前者の場合、アメリカから輸入していた1ドルの商品が、以前は100円で購入していたのに、現在は90円を支払えば購入できるようになった。

つまり、同じ商品なのに日本での購入価格が100円から90円に値下がりしたことを意味しています。

ここは少し難しい表現になってしまいますが、以上のように「日本円の価値が外国通貨(この場合はドル)より高くなる。」ことを円高と称しています。

では、念のため後者についても同じような書き方をしてみます。

後者の場合、アメリカから輸入していた1ドルの商品が、以前は100円で購入できていたのに、現在は110円を支払わなければ購入できなくなった。

つまり、同じ商品なのに日本での購入価格が100円から110円に値上がりしたことを意味しています。

以上のように「日本円の価値が外国通貨(この場合はドル)より安くなる。」ことを円安と称しています。

スポンサードリンク


円高・円安と輸入や海外旅行との関係とは

c555c377d5dbefd178436859c6460dd7_s
 

 

 

 

 

 

 

では、この項では、円高・円安と輸出・輸入の関係について、わかりやすくお伝えしたいと思います。

さきほどの文章を改めて書きなおすと、円高とは日本円の価値が外国通貨(この場合はドル)より高くなる。だから、アメリカから輸入した商品を安く購入できるとなります。

一方、円安とは日本円の価値が外国通貨(この場合はドル)より安くなる。だから、アメリカから輸入した商品を高く購入することになります。

円高と円安のことをご案内すると、常に出てくるのが円高・円安と輸出・輸入の関係です。

では、実際のところはどうなのでしょうか。

その答えはすでに書いたところですが、円高になると輸入品が安くなり、円安になると輸入品が高くなります。

円高になると、多くの人が海外のブランド品購入に熱心になりますが、これには当然に理由があったことになります。

また、円高と円安の話がでてくると、海外旅行の話も盛り上がってきます。

では、海外旅行をする場合、円高と円安のどちらが良いのでしょうか。

ハワイ旅行を前提にこのことを考えてみます。

日本からハワイに行くのに10万円をお小遣いにしたとします。日本は円でも、ハワイはドルなので、ハワイに行くのに際して円をドルに替える必要が出てきます・

10万円を1ドル=90円の時にドルに替えると、約1111ドルになります。

一方、1ドル=110円の時にドルに替えると、約909ドル。

同じ10万円なのに、円高の時は1111ドルをお小遣いにできるのに対して、円安だと909ドルになってしまう。

つまり、海外旅行については円高が有利、円安が不利ということになります。

ここまでをまとめると、海外のブランド品(輸入品)を購入するときや、海外旅行に行くときは円高が有利ということになりそうです。

円高や円安のことが難しいとお考えの方も、この2つさえ理解していれば、円高・円安もわかりやすくなるのではないでしょうか。

さいごに 円高・円安と株価との関係とは

3a81f1bfbf47f246e0f2885729d0e259_s
 

 

 

 

 

 

 

では、この記事の最後に円高・円安と株価の関係についてご案内します。

日本は資源の少ない国。でも日本がここまで発展をしてきたのは、海外から原材料を輸入し、その原材料から製品を作り、その製品を輸出することで経済を発展させてきた。

もちろん輸入に活路を求めている日本企業もたくさんありますが、やはり輸出企業が日本の発展の元になっていると考えても差し支えはないように思われます。

では、輸出企業にとっては円高が良いのか、円安が良いのかということですが、これは円安が有利になります。

たとえば、1ドル=90円のときと1ドル=110円の時で考えてみます。

日本の会社がある商品を90円で販売したいと考えたとき、1ドル=90円のときアメリカで販売すると、アメリカでの販売価格は1ドルになります。

では、1ドル=110円のとき同じものをアメリカで販売すると、アメリカでの販売価格は約1.2ドルになります。

日本では90円だったものが、円高だとアメリカでは1ドル、円安だと1.2ドルで販売できるわけですから、日本の輸出企業は円安だと業績が延びるということになります。

日本の産業全体を見た場合、輸出産業が中心を担っているので、円安になると全体的な株価は上昇しやすいということになりそうです。

この記事では、円高や円安をできるだけわかりやすくお伝えしてきたつもりです。

でも、実際のところ円高や円安は、普段から考えるものでもないので、やはり理解は難しいのかもしれません。

そのような場合は、前述のとおり、海外のブランド品(輸入品)を購入するときや海外旅行に行くときは円高が有利、全体的な株価上昇には円安が有利。

このあたりの理解でも十分なように思われます。


スポンサードリンク

関連記事

アーカイブ