管理人の気になる話題をいろいろとご紹介します。ぜひ、読んでくださいね。

豊臣秀次の切腹の理由を考えてみました!

豊臣秀次の切腹の理由を考えてみました

天下を取った豊臣秀吉ですが、天下人になった瞬間から凋落は始まっていました。

豊臣秀吉の晩年には豊臣家の将来を暗示させる様々な出来事がありましたが、その一つが豊臣秀次の事件です。

豊臣秀次は豊臣秀吉に切腹を命じられます。しかし、それだけではすみません。豊臣秀吉はさらに豊臣秀次の正室や側室、そしてその子供たちも処刑をしてしまいます。

いわゆる豊臣秀次事件はその悲惨さが現代まで伝えられていますが、この記事では主に豊臣秀次が切腹をした理由についてお伝えをしていきます。

スポンサードリンク


豊臣秀次とは

豊臣秀次は1568年に生まれ、1595年に切腹でその生涯を終えています。

豊臣秀次は豊臣秀吉の姉である「とも」の長男。豊臣秀吉と豊臣秀次は叔父と甥の関係になります。

血縁の少ない豊臣秀吉ですが、豊臣秀次はその数少ない血縁関係で結ばれています。

そのため豊臣秀吉に重用され、豊臣秀吉の出世とともに豊臣秀次も世間にその名前を知られるようになっていきます。

豊臣秀次についての有名な戦いは1584年の小牧長久手の戦い。

小牧長久手の戦いは天下取りにまい進する豊臣秀吉と、それを阻止する徳川家康が直接にぶつかり合った戦いとして知られています。

小牧長久手の戦いの豊臣秀次は敵である徳川家康に翻弄されて大敗を喫し、豊臣秀吉から強い叱責をされています。

もっとも小牧長久手の戦い以後の豊臣秀次はその汚名をそそぐために、その後の戦いでは武功をあげ1590年の小田原征伐後は尾張を中心に100万石の大名に出世をします。

豊臣秀次の運命が大きな変化を見せたのは1591年。

それより少し前に豊臣秀吉と側室淀の方の間に鶴松が誕生し、この鶴松こそが豊臣家の跡取りとされていました。

しかし、その鶴松は僅か2歳で死去。

自暴自棄に陥った豊臣秀吉は明国への出兵を決意、合わせて豊臣秀次を養子として豊臣秀吉の関白職が豊臣秀次に移ることになります。

ここに豊臣秀次は豊臣家における第2代目の関白となります。

ただ、豊臣秀吉が全面的に豊臣秀次を信用していたかというとそうでもないようで、この時期豊臣秀吉は豊臣秀次に対して、例えば関白になっても女狂いはするななどという訓戒状をだしています。

それでも豊臣秀次にとってここまでは順風でした。それが強烈な逆風になる時期がやってきます。

それは豊臣秀吉と淀殿の間に2人目の子、しかも男子が誕生したからです。

この男子こそが後の豊臣秀頼になる人物ですが、実子が誕生したことで豊臣秀吉には大きな迷いが生じることになります。

それは鶴松の死去に伴い、自分には後継者はもう生まれないはず。それでも豊臣家は維持しなければいけないから豊臣秀次を後継者とした。しかし改めて男子を授かることができた。

当然、豊臣秀吉の後継者は実子であるべきで、豊臣秀次を後継にしたことは早計に過ぎた。豊臣秀吉がそのように考えるのはむしろ自然なことです。

そこで豊臣秀吉は豊臣秀次に将来は日本を5つに分け、そのうち4つは豊臣秀次に、残りの一つは後の豊臣秀頼に譲渡すと申し伝えます。

このことには納得した豊臣秀次ですが、豊臣秀吉の本当の願いは2代の豊臣秀次から3代の豊臣秀頼に政権を譲り渡すこと。

しかも老境に差し掛かっていた豊臣秀吉にとって、この願望は早くに実現させなければいけないものでした。

そのような背景から次第に豊臣秀次の生活は、酒におぼれ、豊臣秀吉から禁止されていた女狂いに現実逃避をするようになります。
また、合わせて豊臣秀次に謀叛の疑いがかけられるようにもなります。

実際は事実無根とも言われていますが、こうしたいくつかの事情から豊臣秀次は高野山に追放。

豊臣秀吉から切腹を命じられた豊臣秀次は同地で約27歳の生涯を閉じます。

ところで、豊臣秀次には正室と数多くの側室がいました。側室の数は約30人。また、豊臣秀次との間に生まれた子もいました。

豊臣秀吉は全員をとらえて処刑を命じます。

京都の三条河原では合計40人以上の人が一気に処刑され、その後には塚が設けられていたと伝えられています。

スポンサードリンク


豊臣秀次が切腹した理由とは

1fa25c1b9e58404d4ddbf05ed0f4817b_s
 

 

 

 

 

 

豊臣秀次が切腹をしたのはどのような理由があったのでしょうか。

ここでは、その理由のいくつかをご紹介します。

豊臣秀次謀叛説

豊臣秀次は豊臣秀吉に対して謀叛を企てたから切腹に追い込まれた。豊臣秀次謀叛説は豊臣秀次が切腹した理由としてはわかりやすいものです。

ただ、この謀叛説は切腹の理由としては弱いようです。

豊臣秀次謀叛説は当時からささやかれていたものの、同時に当時から懐疑的とされていました。

その理由は何よりも豊臣秀次の死因です。

豊臣秀次は切腹でその生涯を閉じていますが、仮に謀叛が原因だとしたら切腹などでは済まなかったはず。
切腹は武士の尊厳を認めたものであるため、豊臣秀次謀叛説はこの一事をとっても理由としては疑問が残ります。

豊臣秀吉側近の謀略説

豊臣秀吉の権力が豊臣秀次に移って困る人はたくさんいます。

たとえば、豊臣秀頼を産んだ淀殿の側近、豊臣秀吉の側近として仕えていた人たちも、豊臣秀次に権力が移ることはある意味恐怖であったはずです。

そこで出てくるのが豊臣秀吉側近の謀略説です。

簡単に言えば豊臣秀吉の側近が豊臣秀吉に豊臣秀次の悪行を吹き込んだ、あるいは淀殿やその側近が豊臣秀吉を焚きつけた。

そのようなことがあっても不思議ではありません。

また、その謀略説の筆頭にあげられるのが石田三成です。

石田三成は豊臣秀吉の側にあって、たとえば千利休を切腹に追い込んだとも言われていますが、これと同様に豊臣秀次を切腹に追い込んだのも石田三成ではないかと考えられています。

豊臣秀次の切腹当時、豊臣秀吉は老境に差し掛かり、しかも老耄の気配があった。また、石田三成は豊臣秀吉の側近中の側近として権勢をふるっていた。

こうした背景から石田三成謀略説は否定はできないところですが、残念ながらその根拠となる信用できる史料はないようです。

豊臣秀吉側近の謀略説、とりわけ石田三成謀略説は小説としては面白いし、絶対にないとは否定できないものの、真実であるという証明もできないというのが実際のところです。

豊臣秀次乱行説

豊臣秀吉の訓戒状にもあるとおり豊臣秀次にはいくつかの悪癖があったようです。そうした豊臣秀次の悪癖がまとまって豊臣秀次乱行説に発展をしています。

豊臣秀次が関白であったころ、正親町上皇が崩御。関白である以上、一定期間は喪に服さなければならないところ、なんと鹿狩りを実施。

それが豊臣秀吉の逆鱗に触れたと言われています。また、豊臣秀次を摂政関白と称することもありますが、この呼称もこの鹿狩りにあると言われています。

豊臣秀次は女人禁制であるはずの比叡山に女房を多数引き連れて宴を催します。また、殺生禁止の地において鹿狩りなどを行い、やはり豊臣秀吉の逆鱗に触れたと言われています。

さらに豊臣秀次には生きている人間を鉄砲で撃ち殺したり、刀で試し切りをしたという説もあります。

こうした豊臣秀次乱行説は前述の豊臣秀吉側近の謀略説とは異なり、史料に残されているものが多いという特徴があります。

もっとも、その史料の多くは信憑性に疑問が呈されていたり、ずっと後世に作られた史料も多いようなので、どこまでが真実なのかは定かではありません。

さいごに 豊臣秀吉との確執説

a52c717d5aca7fa05e07f6ef3055bebd_s
 

 

 

 

 

 

豊臣秀次が切腹した理由としてもっとも確率が髙そうなのが豊臣秀吉との確執説。しかも、それは豊臣秀吉が豊臣秀次に対して一方的に仕掛けた確執。

人間の感情に基づく部分だけに史料など明確な根拠はありませんが、一番、理解しやすいのがこの豊臣秀吉と豊臣秀次の確執説です。

そもそも豊臣秀次は若いながらも有能な武将として知られていました。

小牧長久手の戦いでは失態を冒していますが、その後の豊臣秀次の戦いぶりは当時の武将の中でも秀でていたと考えられています。

また領主としても善政を敷いていたとも言われており、そうした実績があったからこそ若くして100万石を領していたと考えられます。

さらに学問を愛すること、茶の湯を愛することでも知られており、当時の武将としては一流の教養があったと考えられてもいます。

こうした状況を考えると豊臣秀次が豊臣秀吉に切腹を命じられる明確な理由はますますわかりにくくなります。

しかし、豊臣秀吉の心情を考えると、豊臣秀次が切腹した理由は分かりやすくなります。

幼いころから徒手空拳で成り上がってきた豊臣秀吉。その豊臣秀吉が何としても守りたいのが一代で築き上げた豊臣家。

その豊臣家を維持するために、後継者がいなかった豊臣秀吉は血縁関係の濃い甥の豊臣秀次を後継者と定めます。

しかも豊臣秀次は無能な人物ではなく、むしろ文武両道に秀でた有能な武将でした。

このまま豊臣秀次が豊臣家の後継者であれば豊臣家も無事であったかもしれません。

ところが、豊臣秀次を後継に指名してすぐ後に、豊臣秀吉自身が男子を授かった。もちろん乳幼児の器量など分かるはずもありません。

しかし、老境に差し掛かり、天下人になってからは判断能力も衰えていた豊臣秀吉にそんな意見が通るはずもありません。

また、推測に過ぎないながらも実権が豊臣秀次に移ることを良しとしない人も多数存在をしていました。

判断力の衰えた豊臣秀吉、讒言する側近たち。

次第に豊臣秀吉は豊臣秀次を廃することを考え、自分の目の黒いうちに子供の豊臣秀頼を後継者にすることを企てます。

豊臣秀次には謀叛説もあるようですが、むしろこの確執説の方が豊臣秀次の切腹の理由に近いようにも思われます。

最終的に豊臣秀吉は実子の豊臣秀頼を後継者にするために、あれこれと難癖をつけ豊臣秀次を追い込み、さらに失脚させるだけでなく豊臣秀次を切腹に追い込んだ。

歴史学者には容認できないところかもしれませんが、豊臣秀吉が豊臣秀次を切腹に追い込んだ理由の一番は、確執説、つまり豊臣家の後継者争いであったようにも思えます。


スポンサードリンク

関連記事

アーカイブ