季節や歴史の話題を中心に気になることをご紹介しています。ぜひ、読んでくださいね。

山の日はなぜ8月11日なの?祝日になった理由とは!

2016年から山の日が祝日に

2016年に新たな祝日が加わることになりました。それが8月11日の山の日です。

では、なぜ8月11日が山の日になったのでしょうか。

この記事ではなぜ山の日が祝日になったのか、山の日がなぜ8月11日なのかを探ってみました。

スポンサードリンク


山の日が国民の祝日になった経緯とは

山の日は遡ること2年前。2014年4月に「国民の祝日に関する法律」の改正案が国会で可決されたことにより誕生をしました。

国民の祝日ということでは、山の日は16番目の祝日として生まれています。

法律の成立は2014年ですが、実際の施行は2016年1月1日。そのため、2016年1月1日以降、最初にくる2016年8月11日が初めての山の日ということになります。

では、山の日が「国民の祝日に関する法律」で祝日に加えられるまでの経緯を簡単にご紹介します。

山の日を祝日にしようという機運がでてきたのはは2010年と言われています。2010年に日本山岳会などの団体が集結して「山の日」制定協議会が発足しました。

さらに制定協議会の働きかけにより、2013年4月に「山の日」制定議員連盟が発足しています。

この制定議員連盟は超党派の国会議員により構成されていて、制定議員連盟の発議により「国民の祝日に関する法律」の改正案が国会に提出され賛成多数で可決をされています。

山の日はなぜ8月11日なの

yamanobori_woman
 

 

 

 

 

 

 

 

山の日はなぜ8月11日なのでしょうか。実は山の日が8月11日になったことについての明確な根拠はないと言われています。

当初、山の日は「6月の第1日曜日」になるはずでした。なぜかというと、6月の第1日曜日は各地の山開きの日になる場合が多かったためです。

また、1年の中で6月は祝日がない月。そのため、6月の第1日曜日を山の日とする案が当初は有力とされていました。

しかし、6月の第1日曜日は大きな問題がありました。

日本では4月下旬から5月上旬にかけてGWという大型連休が存在します。

4月と5月に大型連休があり、さらに6月に祝日が誕生すると、特に企業から強い反発が生まれる。6月に新しい祝日を作ることに関しては社会的な影響が大きい。

そのため、山の日を6月の第1日曜日にするという案は、早い段階でなくなったと考えられています。

また、6月の第1日曜日では雪が残り山開きができない山があるということも理由の一つになったと考えられています。

スポンサードリンク



次に出てきたのが山の日を8月にするという案です。

山の日を8月にするということについては、いくつかのメリットが指摘されていました。

まず、8月には祝日がありません。

このあたりは6月に祝日がないということと同様ですが、6月と8月では大きく異なるところがあります。それは、8月にはお盆休みというGWと匹敵する大きな連休があるということです。

6月に山の日という祝日を設けると、特に企業経営に支障がでる。

しかし、そもそもお盆休みという元からある大型連休に山の日という祝日を設ければ、特に大きな支障がでない。

これが山の日が8月に制定された大きな理由のようです。

また、8月は夏山のシーズン。多くの人が山に親しめるということも山の日を8月にすることの大きな理由となったようです。

では、山の日はなぜ8月11日になったのでしょうか。

山の日は8月にする。かつ、お盆休みの間に設ける。これが山の日を制定する前提条件になっていました。

そこでまず出てきたのが8月12日です。

当初、山の日は8月12日にするという案もあったようです。しかし、8月12日は日航ジャンボ機墜落事故の日。

そのため、この日を祝日にすることに異論がだされ、結果的にその前日の8月11日が山の日に制定をされています。

さいごに

odekake_yama
 

 

 

 

 

 

 

 

 

山の日の誕生は、海の日が関係していると言われています。

海の日があるのなら、山の日があっても不思議ではない。さらに山岳関係者からしたら、山の日を作り、山の日を祝日にすることは悲願だったのかもしれません。

ところで、山の日は8月11日となっています。

しかし、早くもこの日が変更される。そんな可能性もあるようです。それがハッピーマンデーの存在です。

ハッピーマンデーとは、国民の祝日を固定された日から特定月の特定週の月曜日に異動させるもので、法律の改正により祝日の日を移動させることができるようになっています。

ハッピーマンデーの例としては、成人の日、みどりの日、海の日、敬老の日、体育の日などがあります。

たとえば、海の日は当初7月20日とされていましたが、2003年に法律の改正があり、その後は7月の第3月曜日が海の日となっています。

山の日が8月11日だと、連休にならないことも当然あるはず。しかも、山の日が8月11日であることに深い理由はない。

そうした理由から、今後は山の日が8月11日ではなく、8月の第○月曜日に移行することが見込まれています。

山の日の趣旨は「山に親しむ機会を得て、山の恩恵に感謝する日」とされています。日頃の運動不足を解消するため、山の日に山登り。こんな習慣が生まれても良いですね。


スポンサードリンク

関連記事