管理人の気になる話題をいろいろとご紹介します。ぜひ、読んでくださいね。

夏バテ対策は食事から!ビタミンB1の補給も忘れずに!

はじめに

この記事では食事による夏バテ対策についてご案内をしていきます。

ただ、その前に少しばかり、夏バテの原因や夏バテの症状について、簡単にお伝えをしておきたいと思います。

スポンサードリンク


夏バテの原因と症状

夏バテはどうして起きるのでしょうか。

まずは夏バテの原因について考えてみます。

夏バテの始まりは梅雨の季節から少しずつ忍び寄ってきます。また、梅雨が明けると毎日うだるような暑さが続く夏が訪れます。

梅雨から夏にかけては季節の変わり目。季節の変わり目は体調を崩しやすい時期ですが、その後に続く暑い夏は体調の悪化に追い打ちをかけます。

さらに最近は猛暑あるいは酷暑という言葉が示すととおり夏の暑さが厳しくなっています。

そして、その暑さを避けるためにエアコンなどの使用頻度が高まり、気温と湿度の急激な変化が起きやすい状況になっています。

夏バテは、季節の変わり目と夏の暑さによる自律神経系の乱れが原因です。

具体的には自律神経のバランスが崩れることで、食欲不振、体力の低下、睡眠不足などが引き起こされ、夏バテとなります。

季節の変わり目、暑さだけに限らず、最近では日常生活の快適さを追い求めることが、夏バテを起こしやすくしているようです。

では、夏バテの症状にはどのようなものがあるのでしょうか。

夏バテになると心身ともに不調になります。

体の面では、だるさを感じたり、疲れやすくなったり、あるいは風邪をひいたりもします。

心の面では、集中力の欠如、やる気のなさが顕著になり、思わぬ事故を起こしたりもします。

何れにしても夏バテになるのは避けたいところです。

できることなら夏バテになる前に、夏バテをしないような対策を講じたいところです。夏バテ対策にはいろいろなものがありますが、ここでは食事による夏バテ対策を考えたいと思います。

夏バテ対策は食事から

004050
 

 

 

 

 

 

 

 

 

夏バテ対策の第一は、いつも以上に規則正しい食生活とバランスのとれた食事に気を使うことです。

季節の変わり目や暑さは食欲を減退させます。しかし、食欲がないからといって食事を抜かしてしまうと、かえって夏バテを進めてしまいます。

夏バテ対策として最も有効なのは1日3食の食事を普段と変わらないペースで行うことです。また、適度な水分補給も大切です。

また、暑くなるとどうしてもあっさりしたものを食べたくなります。

夏はそうめんや冷麦の季節。

確かにそうめんや冷麦は夏ならではの食べ物ですし、もちろん食べてはいけないということではありません。

ただ、毎食、あっさりしたものというのは考えものですし、何よりも食生活のバランスを崩してしまいます。

バランスを考える上では肉や魚などの摂取も大切です。

夏バテ対策を考えるのであれば、あっさりした食べ物だけでなく、肉や魚なども食事メニューに積極的に加えるようにしてください。

スポンサードリンク


夏バテ対策はビタミンB1の補給が大切

夏バテ対策は食事に留意することが大切で、特に規則正しい食生活とバランスのとれた食事を心掛けることがポイントになります。

では、栄養の面ではどうでしょうか。

夏バテ対策を栄養面から考えた場合、積極的に摂取をしたいのがビタミンB1です。

ビタミンB1は、炭水化物に含まれる糖質をエネルギーに変換する際に役立つと言われています。

ビタミンB1に糖分をエネルギーに変える力があるということは、ビタミンB1が不足するとエネルギーの生産能力が衰え、夏バテを招いてしまうということを意味しています。

しかし、ビタミンB1の役割はそれだけではありません。

ビタミンB1は、老廃物の代謝に一役買い、疲労回復に寄与すると考えられています。疲労が積み重なると、心身に重大なダメージを与えます。

重大なダメージの一つが夏バテですが、夏バテ対策としてはビタミンB1をしっかりと補給して、疲労を翌日に繰り越さないことが大切になります。

もっともビタミンB1は水溶性。汗をかくだけでもビタミンB1は体外に排出されてしまいますので、特に夏の暑い季節はビタミンB1は不足がちになると考えられています。

そうした観点からも、夏バテ対策としては食事。特にビタミンB1を多く含む食材の摂取を積極的に考えたいところです。

では、ビタミンB1を多く含む食材にはどのようなものがあるのでしょうか。

 

肉類では、豚肉、鶏肉のレバー

魚類では、ウナギ、たらこ

海藻類では、こんぶ、焼のり

野菜類では、にんにく、ネギ

豆類では、大豆、エンドウ豆

 

ビタミンB1を多く含む食材の一例をご紹介しました。

ウナギは少しばかり高価ですが、他の食材は比較的安価に手に入れられそうです。

夏バテ対策としては食事が大切であることをお伝えしてきました。特に栄養面ではビタミンB1の摂取を意識して、食事による夏バテ対策を考えたいところです。

さいごに

070045
 

 

 

 

 

 

 

夏バテはなってしまう前に、その対策を考えたいところです。

夏バテ対策として特に意識をしたいことは食事。

夏バテ対策のための食事は特に難しいものではなく1日3食を守ること。そして、バランスのとれた食事を心掛けること。

また栄養面でいえば、特にビタミンB1の補給を心掛けること。

このあたりになりそうです。

夏バテにはいろいろな症状がありますが、どのような症状であれ夏バテの症状は思いの他苦しいものです。

また、夏の次には秋が訪れすが、秋の冷え込みにも注意が必要です。

夏バテ対策をしっかりと行い、夏バテになることなく夏を乗り切り、そして秋の冷え込みに際しても体力を十分に温存しておきたいですね。


スポンサードリンク

関連記事

アーカイブ