季節や歴史の話題を中心に気になることをご紹介しています。ぜひ、読んでくださいね。

自転車用レインコートをおすすめする理由とは!

はじめに

この記事では、主に自転車用レインコートをおすすめする理由を中心にお伝えをしていきます。

日本では1年を通して雨の日が訪れます。特に6月になるとやってくるのが梅雨。

日本列島は細長いので梅雨入りと梅雨明けの時期は地域によって相当の違いがあります。でも、北海道の一部を除けば毎年必ずやってくるのが梅雨で、その期間は概ね40日間も続きます。

梅雨は作物の成長など人々の生活に必要な季節です。

でも、通学・通勤で自転車を利用する人、あるいは保育園や幼稚園の送り迎えやスーパーへの買い物など、日常的に自転車を使う人にとって梅雨はとても憂鬱な季節になります。

日常生活で自転車を必要としている人にとっては、梅雨に限らず雨の日の自転車利用は切実な問題になります。

そこでこの記事では、雨の日の自転車用品の必需品。自転車用レインコートをおすすめする理由などについてお伝えをしていきます。

スポンサードリンク


自転車用レインコートをおすすめする理由とは

jitensya_ame_kasa
 

 

 

 

 

 

 

 

 

雨の中、傘をさしながら自転車を運転している人も多いようです。

でもこれはとても危険な行為。

危険というのは本人だけの問題ではありません。傘をさしながらの自転車運転は他の人に大きな迷惑であるばかりでなく危険も伴います。

極力、傘をさしての自転車というのは避けたいところです。

また、自転車に傘を立てる器具を設置して、雨の日にその器具に傘を装着して自転車走行をしている人も見かけます。

しかし、これはさらに危険な行為。そのため、こうした行為を条例で禁止している市町村もあるようです。

雨の日にいろいろな方法で傘を利用している人は多いようです。しかし、どの方法を選ぶにしても傘を差しながらの自転車走行は危険が伴います。

雨の日の自転車運転で傘をさすのは避けたいところです。

では、雨の日に自転車に乗るためには何がおすすめでしょうか。

雨の中、自転車に乗るのであれば、何といってもレインコートがおすすめめです。

しかも単なるレインコートではなく、自転車専用のレインコートを着用したいところです。

自転車にはチェーンがあり、タイヤにはスポークもあります。自転車走行をしているとき、チェーンやスポークにレインコートが巻き込まれてしまうと大きな怪我につながります。

雨の日に自転車に乗るのであれば、普通のレインコートではなく、自転車走行時の安全性を考えた自転車用のレインコートを用意しておきたいところです。

なお、自転車用のレインコートについてはレインコート以外にもレインスーツ。あるいは雨合羽など、いくつかの表記がありますが、この記事ではレインコートに統一して記事を書き進めたいと思います。

自転車用のレインコートを選ぶポイントとは

自転車用のレインコートを選ぶポイントはいくつかあります。

その代表的なものを列記すると

 

○ フードがついているもので自転車走行中でも外れないもの
○ 裾がすぼまっているもの
○ 軽くて丈夫なもの
○ 簡単にたためて、小さく収納できるもの
○ 必要な場所に反射板などがついているもの
○ カラ-バリエーションが豊富で明るい色が用意されているもの

 

これだけの条件がそろった自転車用のレインコートだと少しばかり高くなるかも知れません。

ただ、雨の日の自転車はとにかく安全重視。その目的を考えた場合、多少高価であってもきちんとしたものを用意しておきたいところです。

スポンサードリンク


自転車用レインコートの主なタイプ

fashion_raincoat_amagappa
 

 

 

 

 

 

 

 

 

自転車用レインコートはたくさんのメーカーがたくさんの種類を販売しています。ただ、自転車用レインコートの種類は大きく2つに分けることができます。

一つはポンチョタイプ、もう一つは上下セパレートタイプです。

それでは、それぞれのタイプの長所を簡単にご紹介していきます。

 

ポンチョタイプのメリット

・ 着脱が容易である
・ 比較的、安価である
・ コンパクトで軽量である
・ 種類が豊富である


 


上下セパレートタイプのメリット

・ 空気の抵抗を受けにくい
・ 防水機能に優れたものが多い

 

自転車用レインコートは、雨に濡れることを避けるのが最大の目的です。ただ、目的をもう少し絞ると、ポンチョタイプか上下セパレートタイプか、おすすめするタイプは異なってきます。。

自転車用レインコートでも次のようなことを目的とする場合はポンチョタイプがおすすめです。

 

・ 営業などをしていてこまめに着脱をする場合
・ 近距離、短時間の利用が多い場合
・ とにかく費用にこだわりたい場合
・ ファッション性を重視したい場合

 

一方、次のようなことを目的とする場合は上下セパレートタイプがおすすめです。
 


・ 遠距離、長時間利用することが多い場合
・ 防水機能をより重視したい場合

 

自転車用レインコートの選択については、もちろん個人の好みというのがあります。ただ、どちらを選べばよいのか迷われている場合は、上記を参考になさってください。

さいごに

雨は1年を通じて訪れます。その雨が1年の中でも特に集中するのが梅雨の季節。そのため、梅雨を迎えるころになると、デパートでもスーパーでも様々な梅雨対策グッズか店頭を飾ります。

今までは、雨の日の自転車は傘。そう決めていた人も、傘の代わりに自転車用レインコートはいかがでしょうか。

安全性を考えると、やはり自転車には自転車用のレインコートがおすすめです。


スポンサードリンク

関連記事