管理人の気になる話題をいろいろとご紹介します。ぜひ、読んでくださいね。

秩父の芝桜の見ごろの時期とは!駐車場の心配がない電車がおすすめ!

秩父の羊山公園の芝桜の見頃ごろの時期と行き方

春になると様々な花を楽しむことができます。その花の一つにあげられるのが芝桜。

この記事では、関東地方の芝桜の名所。

秩父の羊山公園の芝桜の見ごろの時期と、駐車場の心配がいらない電車での行き方などについてご案内をしています。

スポンサードリンク


芝桜とは

近年、観光需要を喚起するために、いろいろな試みがなされています。

その一つが芝桜の群生を楽しむための名所づくりです。では、芝桜とはどのような植物なのでしょうか。

芝桜はハナシノブ科の植物。多年草であるところは芝に似ていますが、芝はイネ科の植物。芝桜と芝は異なる植物ですし、芝桜はもちろん桜とも異なる種類の植物です。

芝桜の色は赤、白、ピンク、また紫色に近い色もあります。見ごろの時期は一般的には4月や5月。

暑さや寒さ、乾燥にも強く、害虫による被害も受けにくい植物、育てやすいのが芝桜の特徴です。

芝桜は育てるのが容易なうえ、多年草で毎年根を張りながら、どんどんと咲く花の範囲を広がせることができる。

また、芝桜は見ごろの時期が長く、しかも植え方によっては見ごろの時期をずらすこともできる。

そのため、観光客を誘致したい市町村で、かつ広大な遊休地がある場所などで、芝桜の群生を見かけることができます。

秩父の羊山公園の芝桜の特徴と見ごろの時期

最近では、全国各地で芝桜の名所が生まれています。関東地方にもいくつかの芝桜の名所はありますが、とりわけ有名なのは秩父市の羊山公園にある「芝桜の丘」。

秩父市の羊山公園にある「芝桜の丘」には、約18000㎡の土地に、白やピンクなど数種類の色の芝桜が区画されて植栽されています。

そして芝桜の丘は見ごろの時期になると、色の配分が緻密に計算されて幾何学模様のようにもなります。

秩父市の羊山公園の芝桜の丘の芝桜、植えられている数は約40万株、見学のための通路を除けば、地面一面が芝桜でおおわれます。

では、秩父の羊山公園の芝桜の見ごろの時期はいつころでしょうか。

芝桜は花の咲く時期が長いため、4月の上旬から5月の上旬ころまで楽しむことはできそうです。

ただ、見ごろの時期はもう少し絞られて、4月下旬からGWにかけて。

もちろん、年により寒暖の差がありますので、冬にたくさんの雪が降った年などは、見ごろの時期も遅くなりますが、例年の平均としては4月下旬が一つの目安となりそうです。

芝桜の丘は通常は無料ですが、芝桜の見ごろの時期は入園料がかかりますので事前に確認をしておきたいところです。

もっとも入園料が必要な時期はHPで確認することができますし、秩父は西武鉄道や秩父鉄道が力を入れている観光名所なので、鉄道会社でも芝桜の時期になるとポスターなどで宣伝をしています。

スポンサードリンク


秩父の芝桜は駐車場の心配がない電車がおすすめ!

ee47b0208c953f6142410556cfe0d101_s
 

 

 

 

 

 

では、秩父の羊山公園に行くための交通手段はどうでしょうか。これは駐車場の心配がない電車がおすすめです。

羊山公園では芝桜の見ごろの時期に臨時駐車場を設けてくれます。

しかし、置ける台数は数百台程度です。また、羊山公園の周辺は比較的狭い道路が多く、羊山公園に入るのも出るのも大渋滞を覚悟しなければなりません。

また、秩父ミューズパークにも臨時駐車場が設けられることもありますが、秩父ミューズパークと羊山公園は距離があるため、この間は一般的にシャトルバスを利用することになります。

秩父の街並みも楽しみたい、ハイキングもしたいという場合は良いかもしれませんが、単純に芝桜だけを楽しみたいという場合は、少し考えものです。

一方、電車はどうでしょうか。

羊山公園の利用可能駅としては3駅あります。秩父鉄道の御花畑駅。西武秩父線の横瀬駅、または西武秩父駅です。

何れの駅も羊山公園の芝桜の丘までは約1.5キロ。のんびりと歩いても約20分程度でしょうか。

電車は込んでいるかもしれませんが、事故などがなければ時間通りの運行をしてくれるので、計画が立てやすく観光もしやすいと思われます。

また、観光といえばお土産ですが、秩父鉄道の御花畑駅と西武秩父線の西武秩父駅は秩父市の中心にあるので、お土産選びに苦労はありません。

特に西武秩父駅には秩父仲見世通りが隣接し、ここには数件の土産物店がありますので、お土産選びにはおすすめです。

一方、西武秩父線の横瀬駅は、目の前に雄大な武甲山があるため、景色は見ごたえあるものの、土産店などはありません。

特に帰路、お土産を考えたい場合は、横瀬駅よりも御花畑駅または西武秩父駅の利用がおすすめです。

都心から秩父の羊山公園に行くときは西武秩父線がおすすめです。

池袋からでしたらレッドアロー号の利用で、西武秩父駅までは約1時間30分弱。もちろんその手前の横瀬駅の降車でも差し支えはありません。

レッドアロー号は全席指定なので運賃以外に特急料金もかかりますが、その代わりにゆったりと乗っていくことができます。

ただし、芝桜の見ごろの時期になると、臨時列車が増発されても、それ以上に観光客が押し寄せます。

芝桜の見ごろの時期については、事前に行きと帰りのレッドアロー号を予約しておくのがおすすめめです。

もちろん、レッドアロー号を使わなくても、池袋から秩父まで行くことはできます。

この場合は飯能までは西武池袋線を使い、飯能からは西武秩父線に乗り換えて秩父に向かうことになります。疲労の度合いを考えたらレッドアロー号の利用がやはりおすすめです。

秩父にはさまざまな観光名所や観光行事がありますが、その中でも芝桜は近年特に有名になってきています。

そして、見るだけの価値は十分にあります。秩父の羊山公園の芝桜、やはり見ごろの時期に一度は見ておくことをおすすめします。

まとめ

0082754b6656b7cbcaaa18de9f215279_s
 

 

 

 

 

 

春の風物詩ともいえる秩父羊山公園の芝桜。

羊山公園は若干の起伏があるものの、通路も整備されているので、天気さえ良ければ芝桜の景色を思う存分楽しむことが出来ます。

また、羊山公園の周辺にはいくつかの駐車場はあるものの、最盛期は大混雑。

電車だと行動範囲に制約が生まれてしまいますが、芝桜だけを、あるいは芝桜を中心に楽しみたいという場合は、駐車場が心配な車よりも電車の利用がおすすめです。

そして、電車で行く場合は、しっかりと予定を立てておき、事前に往復の電車。特にレッドアロー号を使う場合は、あらかじめ予約をしておくのがおすすめです。

あとは天気の問題。

4月下旬からGWにかけては雨の降る日もあるでしょうが、降雨を除けば歩くのには最適の時期。

やはり、芝桜の見ごろの時期の観光は絶対におすすめです。


スポンサードリンク

関連記事

アーカイブ