季節や歴史の話題を中心に気になることをご紹介しています。ぜひ、読んでくださいね。

トランス脂肪酸はどんな食品に多く含まれているの?

トランス脂肪酸とは

character_akuma

 

 

 

 

 

 

 

 

トランス脂肪酸とは。。。

今回はトランス脂肪酸とは何かについて調べてみました。

まずは、脂肪酸とは何かです。

人間は生きていくうえでエネルギーを必要とします。そのエネルギーを体内で備蓄したものが脂質で、その脂質の成分の一つが脂肪酸です。

そして脂肪酸はさらに多岐に分類されます。

まず、脂肪酸は飽和脂肪酸と不飽和脂肪酸に分かれます。さらに不飽和脂肪酸は一価不飽和脂肪酸と多価不飽和脂肪酸に分類されます。

ところで、明治以降、日本人の食生活は大きく変化をしました。その代表的なものがバターなどの乳製品です。これらの乳製品は飽和脂肪酸が含まれているため、生きていくうえである程度は必要なものです。

ところが乳製品には同時にコレステロールが多く含まれていて、これが問題になりました。

そこで考えられたのがコレステロールを含まない不飽和脂肪酸のうち多価不飽和脂肪酸である植物油の利用です。ただ、植物油は常温では液体なのでバターなどの代用品にはならず、さらには酸化しやすいので長期保存は難しいという欠点がありました。

そこで考えられたのが水素を添加するという方法です。 多価不飽和脂肪酸である植物油に水素を添加すると、飽和脂肪酸を多く含むバターによく似た固体のマーガリンができます。

ただ、水素添加した多価不飽和脂肪酸は普通の飽和脂肪酸と似てはいますがあくまでも別物。構造的には、一般の不飽和脂肪酸は二重結合を有しており、二重結合が一つだけの一価不飽和脂肪酸に対し、多価不飽和脂肪酸はこの二重結合を複数有しています。

ところが人工的に作られたマーガリンなどの多価不飽和脂肪酸は、この二重結合が自然の二重結合とはその結びつきが構造的に逆になっている(トランスに位置する)ため、トランス脂肪酸と言われています。

トランス脂肪酸とは、その構造が自然界に存在する脂肪酸の構造と逆になっている部分があるため名づけられたものですが、言い換えれば自然界には決して存在しないもの。

同じく自然界には決して存在しないものにプラスチックがありますが、専門家の間ではトランス脂肪酸とブラスチックを同列に考えている人もいるようです。

また、何かの本で読んだ記憶があるのですが、「マーガリンはゴキブリも食べない」とありました。本当でしょうか?

スポンサードリンク


 トランス脂肪酸の影響

トランス脂肪酸は自然界には存在しないために、トランス脂肪酸を過剰摂取すると人体に悪影響を及ぼすのではないかという意見が多くあります。

その例として示唆されているのは

 

トランス脂肪酸の過剰摂取は、

★ 脳に悪影響を及ぼし認知症になりやすくなる

★ 動脈硬化のリスクを高くする

 

また、それ以外にも内臓の炎症を引き起こす可能性があるなど、いくつかの悪影響が示唆されているようです。

 トランス脂肪酸の摂取量と規制

トランス脂肪酸についてはその摂取量の基準がWHOで設けられています。

具体的にはトランス脂肪酸の摂取量は総エネルギー摂取量の1%未満にするということで、この基準を受けてアメリカやフランスなど欧米各国を中心に規制の動きが広まっています。

また、それに合わせて多くの国では食品へのトランス脂肪酸の表示義務が設けられています。

では、日本ではどうでしょうか?残念なことに日本ではトランス脂肪酸の表示義務は現状ではありません。

これは日本人の多くのトランス脂肪酸摂取量は1%未満なのであえて規制する必要はないという見解によるものだそうです。

しかし、当然のことながら個人ごとにその摂取量は異なります。やはり「食の安全」を考えると、なんらかの歯止めがほしいところです。

現在の日本ではトランス脂肪酸の摂取に対する規制も、食品への表示義務もありません。

ただ、トランス脂肪酸の過剰摂取に対する弊害は盛んに言われているところなので、日本でも規制の動きが広がるといいですね。

スポンサードリンク


 トランス脂肪酸はどのような食品に含まれているの?

food_margarine

 

 

 

 

 

 

 

 

トランス脂肪酸の多く含まれている食品の代表はなんといってもマーガリンですが、マーガリン以外にもトランス脂肪酸の多く含まれている食品は数多くあります。

その一例をあげると次のとおりです。

 

ショートニング

フライドポテト

ビスケット・クッキー・ドーナツ

ケーキ・シュークリーム

菓子パン

アイスクリーム

インスタント麺

 

どうでしょうか。

現在、日本人が普通に食べている食品の中にトランス脂肪酸が深く関与していることがわかります。特に若い人が好む食品にトランス脂肪酸が多く含まれているのはとても心配ですね。

こうした食品を製造、販売しているファーストフード店や企業の中にはトランス脂肪酸の使用量を少なくしようと企業努力をしている会社もたくさんあるようです。

しかし、そうした企業努力ができるのはやはり認知度の高い大きな会社に限定されがちです。たとえばバターとマーガリンを比較すると、マーガリンの方が低コストで製造できると言われています。

消費者は健康面などの弊害に気がつかなければ値段の安い方に興味が向きます。そのため、企業もそうした低コストで製造できる食品を積極的に製造することになります。

正直なところ、企業努力だけではトランス脂肪酸の量を抑制するのは難しいかもしれないですね。

できることなら法律の規制をかけてトランス脂肪酸に対する取り組みを積極的にしてもらいたいところです。


スポンサードリンク

関連記事