季節や歴史の話題を中心に気になることをご紹介しています。ぜひ、読んでくださいね。

日高市巾着田の彼岸花(曼珠沙華)を楽しんでみませんか

彼岸花とは

N745_matomarisakuhiganbana-thumb-autox600-14527

 

 

 

 

 

 

 

 

彼岸花はヒガンバナ科に属する多年草です。

色は基本的には赤色ですが白色の種類もあります。

彼岸花の成長は他の植物とは少しばかり趣を異にしています。時期は夏の終わりころ、地中から茎のみが顔をだして、そのまま成長します。その茎には枝もなければ葉もありません。ただ茎のみがにょきにょきと伸び、やがてその先に一つだけ花を咲かせます。

彼岸花が一本だけだとその姿は少しばかり異様ですが、群生していると葉などがないため逆に花だけが目立ち、群生の美しさを一層のこと引き立たせます。

一般的な名称では、お彼岸ごろに開花することから彼岸花と呼ばれています。ただ、彼岸花は曼珠沙華、リコリスと呼ばれることもあります。

さらに言えば彼岸花は有毒であることから、死人花や地獄花という異名もあり、その美しさにもかかわらず、この花を嫌う人も案外と多いようです。

スポンサードリンク


 日高市巾着田の彼岸花(曼珠沙華)

その彼岸花(曼珠沙華)で有名なのが埼玉県日高市の巾着田(きんちゃくだ)に咲く彼岸花です。

巾着田とは不思議な名前です。巾着田の名前の由来は、日高市を流れる高麗川の蛇行により川が巾着袋のようになり、その巾着の中を田があったところから名づけられたものです。

実際に近くの日和田山に上り眼下を見下ろすと、見事に川が巾着のように蛇行しているのがよくわかります。

現在では巾着田の中は田んぼというよりも、高麗川の河川敷でのBBQや秋の彼岸花やコスモスが有名な観光スポットになっています。

巾着田の彼岸花、昔はそれほど有名ではありませんでしたが2005年ころから観光地としての整備が進み、現在では季節になると200万本の彼岸花を見るために多くの人が訪れます。

彼岸花といえば赤い色が主流ですが、巾着田の彼岸花は赤だけでなく白い花もあり、そのコントラストが一層のこと秋の気配を感じさせてくれます。

また、会場にはいくつもの露店などが並び、地域の名産品などが並ぶのでこちらも楽しみです。

スポンサードリンク



 巾着田の彼岸花の時期と入場料

ELL98_hashitohiganbana20130926122154-thumb-815xauto-17570

 

 

 

 

 

 

巾着田の彼岸花(曼珠沙華)の開花時期は例年でいえば概ね9月下旬から10月上旬になります。

もっともその年の天候などにより毎年の開花時期は異なります。そのため、日高観光協会などのホームページで開花時期などを事前に確認しておくことをおすすめします。

巾着田の彼岸花を見るためには入場料が必要です。彼岸花の群生を楽しむためですからある程度の負担は仕方ないですね。

また、近くには駐車場もありますがこちらも有料です。ただ、周辺道路はそれほど広くはなく平坦地も限られているため彼岸花の季節は大渋滞でストレスのたまる原因ともなりそうです。

巾着田の彼岸花を見るのであれば、むしろ電車で訪れることをおすすめします

 巾着田への電車でのアクセス

電車の場合、西武池袋線の高麗駅から徒歩10分~15分で到着します。駅から会場まで急勾配はほとんど見受けられないため、ちょっとしたハイキングに最適です。

また、時期が合えば彼岸花と隣接して咲いているコスモスの群生も楽しむことができます。

さらに、もう少し歩きたいという方であれば近くの日和田山もお勧めです。日和田山は標高305メートル。観光パンフレットでは高麗駅から徒歩で45分とありますので、少しゆっくりと歩いても1時間程度で頂上まで行けそうです。日和田山の頂上に上り、巾着田を上から眺め川が巾着の形になっているのを実際に見るのも面白そうです。

ぜひ、秋の一日を使って、日高市の彼岸花(曼珠沙華)をお楽しみください。


スポンサードリンク

関連記事

アーカイブ