管理人の気になる話題をいろいろとご紹介します。ぜひ、読んでくださいね。

十日戎で行われる西宮神社の福男選びとは?

はじめに

新年早々に開催される十日戎。十日戎で「福男選び」が行われるのは兵庫県の西宮神社。この記事では、西宮神社で行われる十日戎の福男選びについてお伝えをしていきます。

ただ、その前に少しだけえびす神社のことについてお伝えしておきたいと思います。

スポンサードリンク


えびす神社とは

えびす神社は全国に点在をしています。

その中でも、えびす神社が多いのは大阪。大阪周辺、あるいは大阪以西にえびす神社は多くみられます。一方、関東以北のえびす神社はそれほど多くないように思われます。

えびす神社の祭神はその名前のとおり「えびす様」。

えびす様は七福神にも登場する神様で、商売繁盛の神様として知られています。また、えびす様はその風貌から「えべっさん」「えびっさん」などの愛称で親しまれています。

そのえびす神社の総本社が「えびす宮総本社」で一般には西宮神社で知られています。

十日戎(とおかえびす)とは

tatemono_jinja

 

 

 

 

 

 

 

 

十日戎は全国のえびす神社で、その年の商売繁盛を祈願するお祭りとして有名です。

えびす神社そのものが関東以北に少ないため、十日戎の全国的な知名度は今一つの感がありますが、関西ではとてもなじみの深い行事として知られています。

十日戎は毎年1月9日から1月11日までの3日間行われます。1月9日は「宵えびす」、10日は「本えびす」、11日は「残りえびす」で、この3日間、十日戎の行われる神社にはたくさんの参拝客が訪れます。

スポンサードリンク


西宮神社十日戎の福男選び

年が新しくなり、しばらくするとテレビのニュースで多くの男性がダッシュするする姿を映し出します。この画面こそ「福男選び」です。

全国のえびす神社の総本社である西宮神社には十日戎の3日間で約100万人が訪れると言われています。その中でも、最大の注目を集めるのが福男選びです。

なお、福男選びは正式には「十日戎開門神事福男選び」ですが、この記事では福男選びとして書き進めていきたいと思います。

では、福男選びとはどのような行事なのでしょうか?

西宮神社周辺では1月9日は外出が禁止されます。それは、この間、えびす様が市内を巡回しているから。そして、その後西宮神社で十日えびす大祭が執り行われます。

十日えびす大祭が始まるのは1月10日午前4時ころ、終わるのは同日午前6時ころ。

十日えびす大祭が終るとともに外出禁止の状態が解かれて西宮神社は開門をします。その開門を待って多くの男性が門から本殿まで駆け抜けます。

門から本殿までの距離は230m。それほど長い距離ではありませんが、陸上のグランドではないため走りやすいように作られているわけではありません。

そこに多くの人が参加をして、皆が一番になろうとするものですから、時間は短くても臨場感はかなりのものがあります。

福男選びは競走です。その競走の順番を決めるのは簡単。開門したら本殿に駆け出し、本殿に待つ神主に抱きつくことでゴールとなります。

また福男になれるのは上位3名で、1位が一番福、2位が二番福、3位が三番福になり、栄誉と商品を得ることになります。

福男選びかいつ始まったのは定かではありません。ただ、昭和15年頃には福男選びの原型が記録されているので、この頃に始まったのではないかと考えられています。

福男選びに参加をするのは例年5000人以上。福男になれるのはそのうちのたった3人ですから、すごい激戦ですね。

もっとも上位3人はそれだけに貴重な存在。栄誉だけでなく商品も授与されるのは理解できるところです。

さいごに

ebisusama

 

 

 

 

 

 

 

 

毎年、1月10日の早朝に行われる西宮神社十日戎の福男選び。

実は福男選びに厳しい参加条件はありません。老若男女、だれもが参加することができます。福男選びとはいっても女性も参加することはできます。

もっとも、これまでに女性が上位3名になったことはないようです。もし、女性が上位3名に入ったら、その人も福男になるのでしょうか。

そんな日のくることが、とても楽しみです。


スポンサードリンク

関連記事

アーカイブ