管理人の気になる話題をいろいろとご紹介します。ぜひ、読んでくださいね。

ひな祭りの由来と行事食に込められた意味の簡単解説!

ひな祭りの由来と行事食に込められた意味の簡単解説

3月3日はひな祭り。

ところで、ひな祭りにはどんな由来があるのでしょうか。

また、ひな祭りにつきものの行事食にはどんな意味があるのでしょうか。

この記事ではひな祭りの由来と行事食に込められた意味を簡単に解説していきます。

スポンサードリンク


ひな祭りの由来

ひな祭りの起源は平安時代までさかのぼります。

日本では季節の変わり目を「節」としていました。その節にはお供え物をする習慣がありました。このお供え物が「供」となり、2つの言葉を合わせて「節供」としていました。

現在では「節句」という文字を使いますが、節句の由来は節供であったようです。

節というのは季節の境目ですから年に数回あります。

順番にあげていくと、1月7日の人日(じんじつ)、3月3日の上巳(じょうし)、5月5日の端午(たんご)、7月7日の七夕(たなばた)、9月9日の重陽(ちょうよう)となり、この5つを五節句と称しています。

節供とはそもそもお供え物をて邪気を祓う行事ですが、この中で3月3日の上巳の節句が現在のひな祭りの由来と考えられています。

ところで、お雛様そのものは平安時代から存在しました。当時は貴族社会の遊びの一つとして「雛遊び」がありました。

一方で、上巳の節句の行事としては、この日に川で身を清めてお祓いをするというものがありました。

このお祓いの儀式は中国からもたらされたもののようですが、宮中の雛遊びと川で身を清める儀式がいつしか結びついて「流し雛」の習慣が生まれたと伝えられています。

その後、お雛様は貴族のものだけでなく、また大人だけのものでもなく、さらに一般に普及をしていきます。

お雛様を段を組んで飾ったり、きらびやかな装飾品は江戸時代に入ってから。ひな祭りの習慣は、貴族社会から武家社会へ、武家社会から庶民に広がり、現在のひな祭りの原型ができたようです。

ひな祭りの由来は平安時代。すでに1000年の歴史があるようです。

ひな祭りのお供え物と行事食

ひな祭りには雛人形を飾ります。お供え物としては、桃の花の他、白酒、菱餅、あられなどがあります。

また、ひな祭りの行事食としてはちらし寿司と蛤(ハマグリ)のお吸い物があります。

では、ひな祭りの行事食として知られるちらし寿司と蛤のお吸い物にはどのような意味が込められているのでしょうか。

スポンサードリンク


ちらし寿司に込められた意味

186fe10d30945c7d96931d238275308a_s

 

 

 

 

 

 

寿司は、寿(ことぶき)を司(つかさ)どるという意味があります。寿司は祝いの席で食べるものとされていました。

このことはちらし寿司も同じで、ちらしずしも祝いの席、めでたい席でふるまわれるのが一般的でした。

ところでちらし寿司の具材は様々ですが、それぞれの具材には意味を持つものも多いようです。

たしえば、たけのこはすくすくと育ってほしいという意味、蓮根は先が見とおせる人生を送って欲しいという意味、エビには腰が曲がるまで長生きして欲しいという意味。

一つ一つの食材に深い意味が込められていたようです。

蛤のお吸い物に込められた意味

2bd5ba21ff8f26d92bbc40d561d311d9_s

 

 

 

 

 

 

ひな祭りは女の子の節句。女の子の健やかな成長、そして幸せな結婚を願うための行事です。

蛤は2枚貝。2枚貝はその2枚はびったりと合うものの、他の貝殻とは合うことはないという特性があります。

こうしたことから、蛤のお吸い物には女の子の貞節、あるいは幸せな結婚を願うという意味が込められています。

さいごに

3月3日はひな祭り。

現在では行事食というよりも、その日には外食をする、あるいはケーキを食べる。本来的なひな祭りの風習は失われつつあります。

でも、子供の成長を願う親の気持ちは同じ。

時代とともに行事の内容は変わったとしても、願う気持ちが変わらなければ、それはそれで良いのかもしれないですね。


スポンサードリンク

関連記事

アーカイブ