季節や歴史の話題を中心に気になることをご紹介しています。ぜひ、読んでくださいね。

雛人形を飾る時期としまう時期の「いつ」を簡単解説!

雛人形を飾る時期としまう時期は「いつ」?

毎年、ひな祭りに欠かせない雛人形。ところで、雛人形を飾る時期としまう時期はいつなんでしょうか?

雛人形を飾る時期としまう時期には諸説あるようです。

特にしまう時期については、ひな祭りが終ったら雛人形はすぐにしまわなければいけないとも言われていますが。。。

果たしてどうなんでしょうか。

この記事では諸説ある雛人形を飾る時期としまう時期の「いつ」について簡単にお伝えしていきます。

スポンサードリンク


雛人形を飾る時期は「いつ」?

雛人形を飾る時期については、大きく3つの説があります。

その3つとは、松の内が明けた日、立春の日、雨水の日です。

この中で松の内が明けた日以降、雛人形を飾るとするのは初節句の場合が多いようです。初節句の時だけは、雛人形を長くお披露目するということから、雛人形を飾る時期が早くなっています。

ところで松の内は地域によっても異なりますが、一般的には1月7日あるいは1月15日とする場合が多いようです。雛人形を松の内が明けた日から飾る場合、飾る時期は1月8日以降または1月16日以降になります。

初節句以外で雛人形を飾る時期については、立春の日、雨水の日という意見が圧倒的に多いようです。

まず、立春の日になってから雛人形を飾る理由としてはひな祭りは桃の節句に行うもの。桃の節句は春の行事なので、雛人形を飾る時期は季節の変わり目である節分が終ってから。

このことが節分の翌日の立春から雛人形を飾るという理由になっています。

また、雨水の日とはそれまでの雪が雨に変わる日。暖かい日が訪れる日が来るのはもう少し先だけど、少しずつ寒さが緩んでいく日とされています。

どうしてこの日が雛人形を飾る時期にあげられているのかは、はっきりとはしていませんが「雨水の日に雛人形を飾ると良縁に恵まれる」と言われています。

以上のことをまとめると雛人形を飾る時期について。

初節句の場合は、松の内が明けてから。

その他の年の場合は、立春以降、良縁に恵まれるということを考えたら雨水の日。

こんな感じになりそうです。

なお、年によっても異なりますが、立春は2月4日頃、雨水は2月19日頃になります。

ところで、雛人形を飾る時期については六曜にこだわるという意見も見受けられます。六曜とは先勝・友引・先負・仏滅・大安・赤口のことで、現在でも冠婚葬祭などの儀式と深く結びついています。

もっとも、雛人形を飾る時期と六曜については関連性を否定する意見も多いようです。

大安の日が最適という意見もありますが、雛人形を飾る時期については仏滅の日は避ける程度の考慮で良いという意見が大勢を占めています。

六曜の日を含めて考えると初節句以外で雛人形を飾る時期としてベストなのは、雨水の日と大安の日が一致した日。でもこれは確率的には6分の1です。

どこで折り合いをつけるのかは、地域性や雛人形を飾る人の考え方によるところが大きいようですね。

スポンサードリンク


雛人形をしまう時期は「いつ」?

a1200_000052

 

 

 

 

 

 

雛人形をしまう時期としてよく聞くのは桃の節句が終ったらすぐということ。桃の節句が終ったらすぐ片づけをしてしまわないとお嫁に行くのが遅れると言われています。

しかし、どうやらこれは俗説。しかもこの俗説は昭和に入ってから生まれた新しいものだと言われています。

太平洋戦争も後半になると日本は苦境に陥り、多くの若い男性が戦場に駆り出されていました。その結果、日本には適齢期を迎えた女性が多くなり、女性の結婚の難しい時期が到来しました。

そこで親は娘が少しでも良縁に恵まれるよう、いろいろなことを考え出しました。その一つが雛人形をしまう時期です。

本来、雛人形をしまう時期に明確な決まりはありませんでした。かといって雛人形をずっと出しっぱなしにしている家はだらしないとも考えられていました。

「桃の節句が終ったら雛人形はすぐにしまいなさい」とは親が娘のしつけのために言ったことで、それが現在でも一般常識のように伝えられています。

雛人形をしまう時期に明確な決まりはないようです。

特に小さなお子さんがいる場合などは1年中出していることもあるのではないでしょうか。これもあながち間違いではないようです。

もっとも、雛人形は桃の節句に飾るもの。1年中、飾っていたのではそうした季節感が失われてしまいますし、雛人形も傷んでしまいます。

やはり雛人形は桃の節句が終ったらしまってあげるというのが望ましいようです。

では雛人形はいつしまうのかということですが、一つだけしまう場合の条件があります。それは雛人形は晴れた日にしまうというものです。

雛人形は一度しまうと次に飾るのは約1年後になります。雛人形の材質はカビが生えやすいものばかりです。したがって雛人形はできるだけ湿気の少ない晴れた日に片づけてしまうことが望まれます。

地域によっては何かの事情で雛人形をしまう時期が遅くなってしまった場合、しまうまでの間、雛人形を後ろ向きにさせておく場合もあるようです。

しまおうと思っていた日が雨だった、あるいは雨が降り続いているようなときはこうした方法もあるみたいですね。

雛人形をしまう時期は桃の節句の時期により異なる

雛人形をしまう時期は、飾る時期よりさらに多様性に富んでいます。それはひな祭りを3月3日に行う場合もあれば、月遅れの4月3日に行う場合もあるからです。

ひな祭りを3月3日に行う場合、雛人形をしまうのは3月中が一つの目安になりそうです。ひな祭りは桃の節句の行事なので、桜が咲くまでにはしまうというのが一つの考えのようです。

一方、ひな祭りを4月3日に行う場合は、桜が満開をすぎて葉桜になるころにしまうというのが一つの目安のようです。お雛様にも桜を楽しんでもらおうということでしょうか。

何れにしても雛人形をしまうのは「晴れた日」ですが、雪深い地方などは3月にはまだ雪が残り湿気の多い日も続くと思われます。このような場合は雛人形をしまう時期を遅らせた方が良いのかもしれません。

雛人形をしまう時期はもちろんひな祭りが終ったあと。ひな祭りが終ったらすぐに雛人形をしまわなければいけないというのはどうやら俗説。

むしろ、ひな祭りが終ってもしばらくは雛人形を出しておくというのが一般的なようです。

大切なのは季節感。いつまでにという明確な規定はないまでも初夏まで出しておくというのも少し考えものです。雛人形をしまうのはひな祭りが終って少し経過してから。

大切なのは天気。湿気の少ない晴れの日に雛人形をしまう。これが大原則のようです。

なお、雛人形を片付ける時は、まずは数時間陰干しをしてお掃除。そのあと丁寧にしまうようにしてください。

さいごに

a1380_000044

 

 

 

 

 

 

この記事では、雛人形を飾る時期としまう時期の「いつ」を簡単にお伝えしてきました。最後に雛人形についてもう一つ言われていることをご紹介させていただきます。

それは、三月掛けまたは三月またぎと言われるものです。雛人形を飾る期間は、三月をまたいではいけないというものです。

もっとも三月掛けまたは三月またぎは49日に関連したもの。法事の49日は月に換算すると3か月にまたがっています。このことから雛人形の三月掛けまたは三月またぎは縁起が悪いと考える地域もあるようです。

しかし49日はあくまでも法事に関連した考え方。雛人形を飾る時期とは無関係という意見の方が多いようです。

毎年、ひな祭りには欠かせない雛人形。雛人形は全国共通のものなのに、雛人形を飾る時期としまう時期について多くの意見があるようです。


スポンサードリンク

関連記事