季節や歴史の話題を中心に気になることをご紹介しています。ぜひ、読んでくださいね。

ひなあられの由来とは!関東と関西で違いはあるの?

はじめに

毎年、ひな祭りになるとスーパーなどの店頭に並べられるひなあられ。そのため、ひなあられは1年に1度だけ食べるお菓子、その程度の認識しかありませんでした。

でも、ひなまつりは日本の伝統行事。当然のことながらひなあられにもそれなりの由来があるはずです。

そこで、ひなあられの由来。そして関東と関西では違いのあるひなあられについてご紹介をしていきます。

スポンサードリンク


ひなあられの由来とは

ひなあられがひな祭りに由来していることは間違いないようです。もっともひなあられがいつ生まれたのかは定かではありません。

現在のひな祭りの原型ともいえる「ひな遊び」は平安時代にすでに生まれています。今でいえば人形遊びですが、このひな遊びは平安時代の公家たちが始めたものと言われています。

そして、この時に生まれたのが「菱餅」や「ひなあられ」など。

ひなあられがいつ生まれたのかははっきりとはしていませんが、生まれた場所はどうやら京都。宮中に出入りしていた宮中御用達のお菓子職人が作ったのではないかとも考えられています。

ひなあられの由来はひな遊びをするときのお菓子。一説には、屋外でひな遊びをするときに公家たちが食べるお菓子がひなあられの由来とも考えられています。

ひなあられの色に込められた思いとは

96ad344bd11aed6645f6bfd9b2e194a6_s

 

 

 

 

 

 

ひなあられの由来はそれほどに深いものではなく基本的には公家のお菓子。そんな感じだったようです。

もっとも、昔のこと。単純にお菓子というだけではなく、ひなあられにはそれなりの思いが込められていたようです。

ひなあられの色は一般的には緑と赤と白で、それぞれの色には意味がありました。

具体的には緑は健康、赤は魔よけ、白は清浄ということで菱餅の色が持つ意味と概ね同様なもののようです。

スポンサードリンク


ひなあられは関東と関西で違いはあるの?

同じ日本でも関東と関西では文化や風習の違うことが往々にしてあります。

ひなあられも同じ。

関東のひなあられと関西のひなあられには大きな違いがあるようです。

まず関東のひなあられは、いわゆる「ポン菓子」です。乾燥したお米をはじかせて砂糖で味付けをしたものです。

お米をはじかせただけあって形状は米粒。米粒をはじかせて大きくしたのが関東のひなあられなので、軽くてサクサクとした食感が特徴です。

一方、関西のひなあられはお餅を小さく切って揚げ、その揚げた餅に醤油や塩で味付けしたものです。

そのため、関西のひなあられは丸みを帯びているものの米粒のような形状にはなりませんし、関東のひなあられよりも大粒なのが特徴です。

また、味付けも醤油や塩なので食感はサクサクしていても、関東のひなあられのように甘いわけではありません。

関東と関西のひなあられには大きな違いがあります。

どちらが本家なのか判断するのは難しいところですが、ひなあられの発祥が京都であること。

関西のひなあられの原料となった餅は菱餅を砕いたものという説があること。

また、ひなあられの「あられ」は空から降る「霰」のことですが、霰の定義は直径5ミリ未満の丸い氷粒であるということなどから、関西のひなあられの方がよりひなあられの由来に近いように思われます。

さいごに

d2c44a56940fa7c21821e8edf4a6e50d_s

 

 

 

 

 

 

ひなあられの発祥は京都で、そのひなあられが関西と関東で独自に発展をしました。そのため関西と関東ではひなあられに大きな違いが生まれまています。

もっとも現在では米でも餅でもなく、大豆やピーナッツを使ったひなあられもあります。また、味も多様化してチョコレート味のひなあられなども人気があるようです。

関東と関西ではひなあられに大きな違いがあるとはいっても、その境目は分かりにくくなっているみたいです。

なお、関東と関西の境目ですが、これもはっきりとはしていません。

ただ、数年前にあるテレビ局が調査をしたところ、名古屋では関西のひなあられも関東のひなあられも販売されていたそうです。

ひなあられに関しての関東と関西の境目は名古屋なのかもしれないですね。


スポンサードリンク

関連記事