管理人の気になる話題をいろいろとご紹介します。ぜひ、読んでくださいね。

節分と立春の違いを簡単にご案内します!

節分と立春の一番の違いは日にち

節分と立春の違いを簡単にご案内します。

節分と立春の違い、その一番の違いは日にちの違いです。節分も立春もその年によって違いはありますが、節分の翌日が立春。このことに間違いはありません。

たとえば、2016年の節分は2月3日、立春は2月4日になります。

節分と立春は月日に違いはありますが、節分と立春は月日の違いだけではありません。

節分には節分の意味。

立春には立春の意味。

それぞれ大きな意味が込められています。

それでは、節分と立春の意味や違いについてご案内をしていきます。

スポンサードリンク


節分とは

setsubun_iwashi

 

 

 

 

 

 

 

節分は立春の前の日です。

ところで、立春とは春の始まる日。ということは、四季がある日本では立春だけでなく、立夏、立秋、立冬があるはず。

事実、日本には立春、立夏、立秋、立冬があります。

したがって、節分も本来は年4回あります。

しかしながら、現在、節分でさまざまな行事が行われるのは立春の1日前の節分だけ。つまり、立春の1日前の節分はそれだけ重要な意味を持っています。

古来、日本の暦の考え方は2つありました。

一つは、暦の日付の毎月朔日を年月の区切りとする考え方。この場合、暦の1月1日が新年になります。(月切り)

もう一つは二十四節気にもとづいて年月を区切る考え方。

節気とは1年の全体を春夏秋冬の4つの季節に分け、さらにそれを6つに分けて1年を24に区分したものです。この場合、必ずしも1月1日が新年になるわけではなく、立春が新しい年の始まりとなります。(節切り)

この二十四節気に基づいて1年を考えると立春は今でいう元日。その前日である節分は大みそかにあたります。

他の季節の節分も大切な季節の区切りですが、それに加えて立春の前の節分は1年の区切りともいえます。

そのため、他の節分の行事は廃れていますが、立春の前の日の節分は年越しという意味も含めて、今でも様々な行事が行われています。

この行事という視点で見ると、節分と立春には大きな違いがあります。

節分は大みそかということでいろいろな行事があります。一方、立春にはそれほど目立った行事はありません。新年は心静かに過ごすということでしょうか。

節分の行事として有名なのは「豆まき」。最近では「恵方巻」も有名ですね。また、地方によっては鰯(イワシ)の頭を柊(ヒイラギ)に刺し玄関先に立てたり、焼いた鰯を食べたりということも行われています。

スポンサードリンク


立春とは

立春は1年の始まり。心静かに新年を迎えるためでしょうか、節分のような多様な行事はないようです。

もっとも節分は1年の終わり、立春は1年という始まりという違いから、立春についてはこの日を起算として考える日があります。代表的なところでは、八十八夜、二百十日は立春を起算日としています。

ところで、年賀状の時期を過ぎると、寒中見舞いや余寒見舞いの季節になります。この寒中見舞いや余寒見舞いもお届けする時期には違いがあります。

寒中見舞いは松明けから節分まで。

余寒見舞いは立春から2月末頃まで。

どちらも「見舞い」なので目的は相手の安否確認という部分では共通していますが、お届けする時期には違いがあります。

まとめ

bird_uguisu

 

 

 

 

 

 

 

節分と立春は1日違い。しかし、意味するところには大きな違いがあります。

この記事では、節分と立春の違いについて簡単にご案内をさせていただきました。

ところで、立春は二十四節気の中では、冬至と春分のちょうど真ん中に当たります。

実際、まだまだ寒い季節が続く厳しい時期ですが、立春を過ぎると少しずつ暖かくなり梅の花が咲き始め、春を感じさせてくれるようになります。

節分も立春も季節の変わり目であることに違いはありません。これからも大切にしていきたい筋目の日ですね。


スポンサードリンク

関連記事

アーカイブ