管理人の気になる話題をいろいろとご紹介します。ぜひ、読んでくださいね。

菊(重陽)の節句の意味とは?くんちと何か関係はあるの?

節句とは

日本の暦には節句という季節の節目を示す言葉があります。節句は年間で5つあります。

この5つの節句を順番に挙げると次のとおりです。

 

七草(人日)の節句 1月7日

桃(上巳)の節句  3月3日

菖蒲(端午)の節句 5月5日

七夕(七夕)の節句 7月7日

菊(重陽)の節句  9月9日

 

なお上の書き方で、たとえば「七草の節句」は日本語での呼び方、( )書きの「人日の節句」は漢名での呼び方になります。

よく聞く「七草」や「桃」は和名ですが、「端午」は漢名、この辺りの使い分けは何となく日本らしさを感じさせますね。なお、「七夕」は日本では「たなばた」ですが、漢名では「しちせき」と読むようです。

スポンサードリンク


菊(重陽)の節句の意味とは

a1180_008811

 

 

 

 

 

 

5つの節句のうちの一つが菊の節句で9月9日がその日に当たります。また、菊の節句は重陽の節句とも言われています。では、菊(重陽)の節句にはどのような意味があるのでしょうか。

日本では古来より中国より伝来した陰陽思想というのがあります。この陰陽思想で奇数は陽の数とされていました。

そこで9月9日ですが、この日は9という奇数が2つ並ぶ、つまり陽が重なるということで重陽と言われるようになりました。

これが重陽の節句の意味になります。

昔は陽が重なると陽の気が強すぎて不吉とされていました。ただ考え方は時代と共に変わっていくようで、現在では陽が重なるのは良いこととされ、それに伴った行事が重陽の節句で行われています。

また重陽の節句は旧暦では菊の花が咲く時期ということで、菊の節句とも言われています。 そのため、重陽の節句で行われる行事も菊に関連したものが多くなっているようです。

現在、菊(重陽)の節句では、地域によっても異なりますが、菊の花を飾ったり、菊の花びらを浮かべた酒(菊酒)を酌み交わすという行事が行われます。

もっとも最近ではこうした行事もあまり行われていないようです。そして、菊(重陽)の節句で行事が行われなくなったということは、言い換えれば菊(重陽)の節句もあまり意識されなくなっているようです。

日本にある5節句をみると、桃(上巳)の節句、菖蒲(端午)の節句、七夕の節句はその時期が来ると、割と意識することが多くなります。

桃(上巳)の節句や菖蒲(端午)の節句は人形店を中心に盛んな宣伝が行われますし、七夕は時期になると全国あちこちで七夕祭りが行われます。

一方、七草(人日)の節句や菊(重陽)の節句はどちらかといえば地味な存在で気がつかないうちにその日を過ぎていた。そんなことが多いような気がします。

もっとも、目立った3つの節句が大切で、地味な2つの節句が大切でないというわけではありません。できることなら菊(重陽)の節句も大切にして季節の移ろいを感じたいものです。

a1150_001151

 

 

 

 

 

 

スポンサードリンク



重陽の節句とくんちとの関係

重陽の節句は旧暦の9月9日です。この日は先ほどお伝えしたとおり、陽が2つ重なるめでたい日となります。そしてこの9月9日を九州北部の方言で「くんち」と言うそうです。

9月9日はめでたい日、その日を「くんち」と称したことから「くんち」のお祭りが始まった。

「くんち」のお祭りの起源には諸説あるようなので絶対ではありませんが、「くんち」と重陽の節句は関係があるとも言われています。

ところで、日本三大○○という表現があります。このくんちにも「日本三大くんち」があります。

その3つとは、

 

長崎くんち(長崎おくんち 長崎県長崎市)

博多おくんち(福岡県福岡市)

唐津くんち(佐賀県唐津市)

 

です。

この「日本三大くんち」は3つとも秋の収穫を感謝するお祭り、いわゆる収穫祭の性格を持つようです。

また、「日本三大くんち」はそれぞれに開催の時期が異なります。つまり必ずしも旧暦の9月9日に行われているわけでもなさそうです。でも重陽の節句と「くんち」は何かしらの関係がある、「くんち」の起源は様々にあるとはいえ、重陽の節句も関係がある。なんとなくですがそんな気がします。

 

★参考 「日本三大くんち」開催の時期

長崎くんち  毎年10月7日~9日

博多おくんち 毎年10月23日~24日

唐津くんち  毎年11月2日~4日

 

※ 日程は変更される場合もあります。具体的な日程等についてはその都度、お確かめください。


スポンサードリンク

関連記事

アーカイブ